今季一番の衝撃的な報告だったのは、以前話題になった相模原の殺人出来事です。
「障がいパーソン」だからと言って、それが殺生する理由に変わるですなんて、あってはならないし、正真正銘、犯人の殺生わけやその気力が理解しがたい。
それはわたし自身がプラス職に就いて、身の回り発育障がいを持つヒューマンとかかわっていることも激しくあると想う。
わたしは、こういうプラス現職に誇りを持って勤める。
確かに報酬面ではほかの職種より敗れるかもしれないし、激務も多い。
人によって合わないと考える人も多いだろう。
しかし、わたしはこういう就業で代金以上の有難みを身の回り得ることができていらっしゃる。
発育困難を持つ人たちは、はなはだ純粋です。
仮に、わたしが「わずらわしい」「この人、不向きです」というような、適当な愛想や気持ちを持っていれば、すぐにそれを感じ取り、彼女もわたしを拒否するだろう。
そして、自分に実直で正真正銘です。
どんな人でも長所と短所は居残る。それは紙一重なもので、容態やその場に応じて長所にもなれば足元にもなるのだ。
わたしは、発育障がいは足元のように聞きわけるのではなく、その人のスタイルの感じだと捉えているし、出来ない現実(足元)を調べるのではなく、嬉しい現実(特徴)をどっさり伸ばしていきたいとおもう。
今回の犯人のような思考を持つヒューマンがプラス現職や、領域に暮らしているというのは、考えるだけでぞっとする。
微力なこちらに望めることは乏しいが、地域の取り分け必須に障がいが盛込みられ、共々通じることができ、覚えあえる社会になれば。と狙うばかりです。ノーローン オススメ