昨晩、ハイスクール時代の同僚種類のラインから、コメントが届きました。「8月に住宅で子供たち全て侵入のお泊り会をしませんか?」という規格でした。ありがたくて、直ちに「参加します!」と返信しました。

こういう種類はあたしを含め、5人のメンバーがいらっしゃる。ハイスクール〜大学生〜大人と青春時を絶えず一緒に過ごした大切な組織だ。現在は全て結婚して、遠くても電車で1瞬間以内で会いにたどり着ける身近に暮らしていらっしゃる。みな幼児がいるので、頻繁に出会う回数は減りましたが、それでも互いの誕生日をお祝いするために定期的に集まっていらっしゃる。去年は10年ぶりに考えを合わせて、幼児は登記の居残るそれぞれのダディが預かってくれて、夫人同士のエステトラベルに行きました。最初から最後まで楽しくて、笑いの絶えない1泊2太陽でした。

年を重ねても、こうして定期的に集まって瞬間を忘れ去るほど、みなでワイワイ過ごします。大切なかけえの薄い組織、私のお宝だ。女房たちがいたから、暮らしをがんばれます。我が家の子供たちにもこんなサポーターが見つかりますように。