Month: 10月 2016

少年舞妓・千代菊がゆく!花見小路におこしやすの続きを読みましたよ。

キャラクターの美希也が逃げ出した舞妓の代わりに、お座敷に来るための設営をやる所です。
髷を結うのとメイクまで終わりました。
次はかんざしをさします。
花かんざしは月額移り変わるそうです。
陽気を髪アクセサリーにも持ち込むという心づかいがあるそうです。
月ごとにどのかんざしかは決まっているみたいです。
読物では祇園祭のときの声明なので、祇園祭のところ塗り付けるかんざしに陥るみたいです。
祇園祭のかんざしは団扇のアクセサリーがついた涼しそうなかんざしだそうです。
銀色のアクセサリー偽造が豪華で夏場らしく涼しそうな彩りらしいです。
右前にはプラチナのビラをさします。
キャラクターの建物の吉乃建物の家紋、桔梗が透かし彫りになっているみたいです。
ビラの裏には祇園の舞妓だけが塗る緑の珠を輪に連ねたかんざしをさすそうです。
左前と中程に祇園祭の団扇のかんざしをさすそうです。
昔現に見てみたいだ。
これでどうにか面持ちと頭が出来上がりました。
美希也は鏡の内側の身を見て、自然に舞妓くんの諺が出てきてました。
自然に切りかえれるなんて、凄いですね。
間もなく仕上がりますね。
続きが誠に楽しみです。

久方振りの再会に大はしゃぎのキッズ

GWに遂に休日が取れた弟がうちに帰省してきた。
そういった弟を待ち侘びるのは、我が家のヤンチャざかりの幼稚園児のお子さん。
何故か何一つあてもないけれど、お子さんは弟が好物で帰省してくると「おじちゃん」を連呼してまとわりついて掛かる。
自称、お子さん嫌いの弟もまんざらではないのか、帰るといそいそとお子さんへのサービスを買いに出かけていく。
段々、出力がついてきて大きくなってきたお子さんだけど、まだまだ気遣いというものを知らないから私もたえず遊んでいて痛い思いをするのだが父母は馴染だが、随時帰る弟にはキツかったようだ。
弟がゴロンと寝転んでいると、アッという間に上に乗っかってべたーっとくっついて、なんにもコバンザメのようで見ているクライアントは笑えて仕舞うが弟はお子さんの細かい肘の骨が当たったりして全然痛かったようだ。
何とかしてくれよーと言われても、普段からあたしは痛く当たらないように自分でベクトルを変えたりやるから批判も苦しい…。
そして、お子さんは弟との再会が快くてありがたくてずいぶん立ち寄りみたいにも、課題も聞けみたいにもない。
ひとまず、お子さんには注意するもののある事はなかった。
こういう今の出来事を弟の昔に活かしてもらえるとよろしいなぁ…と思っているうちに弟は都市へ帰って言う。
お子さんはまた夏季の再会を今から楽しみにしているが、一体全体弟はどうなのだろうか…。http://www.mobileappsinaflash.com/